「終活、遺言、信託、相続」でお悩みの方、札幌の行政書士 佐藤あきら事務所が解決します。

身元保証

介護施設や高齢者賃貸住宅へ入居する場合、一般的に、身元保証人が必要です。身元保証の内容は大きく分けて二つです。一つは、家賃などの支払の保証です。もう一つは、緊急の連絡先となること、ケアプランへの同意、退所時転居先の確保、亡くなった時の遺体引き受け、遺品整理など身柄に関する保証です。

病院へ入院する場合もほぼ同じ趣旨で身元保証人が必要です。手術や検査などに際し、本人に同意能力がない場合、身元保証人が同意を求められる場合があります。

身元保証人を引き受けてくれる親族がいない場合や親族に頼みたくない場合は、身元保証会社、団体などを利用します。あらかじめ、相当額を預託するシステムになっている事が多いです。その会社や団体の業容、財務状況をよく確認する必要があります。また、万が一預託先が倒産した場合、預託金が保護される仕組みなっているかも確認します。

任意後見人は、身元保証に関し、できること、できないことがあります。

  • できること → 緊急の連絡先となる、施設の利用料金や入院費の支払、ケアプラン・入院計画の同意、退所・退院の際次の受け入れ先の手続きなど
  • できないこと → 家賃、入院費の支払の保証、医療同意、遺体の引き受け、遺品整理など

いきいき終活テラスでは

保証内容により、身元保証人をお引き受けいたします。保証内容は、ご相談のうえ決定します。財産管理等委任契約、任意後見契約、死後事務委任契約などの締結を条件とさせていただく場合があります。

身元保証委託契約書作成 5万円(税別)
身元保証引き受け 内容により別途見積いたします

 

まずはお気軽にご相談ください。 TEL 0120-11 82 65 (いきいきハッピー老後)

プロフィール

略歴:
昭和38年1月札幌市生まれ
昭和60年小樽商科大学商学部卒業
信託銀行(21年間)、食品スーパーマーケット(10年間)勤務を経て平成30年5月「いきいき終活テラス」開設

資格:
行政書士
一般社団法人終活カウンセラー協会終活カウンセラー初級
宅地建物取引士

PAGETOP